Tag精力剤

漢方だけでなく精力剤にも体臭抑制効果あり

smells

自分では気付かない、あるいは気づきにくいことですが、ひとたび自覚してしまうと気になってやまない悩みとして「体臭」があげられます。

基本的に体臭というのは程度の差こそあれ、通常はさほど気にはならないものです。
しかし、その無害なはずの体臭が鼻につく場合が2種類あります。
Continue reading

ペニスを短期間で大きくしてペニスサイズの悩みからさっさと解き放たれよう

ペニスサイズに悩む男性は、数多く存在します。

nayami

日本人の平均ペニスサイズ(勃起時)は12センチ強で、この数値は世界的に見れば小さい部類です。
そして、日本人女性が膣内で一番気持ちいいと思うペニスのサイズは17センチという統計データが出ています。
つまり、男性の現実と女性の理想の間には5センチの差が生じているということです。
Continue reading

早漏のコンプレックスから解き放たれるために知っておきたい秘訣

以前、男の抱えるコンプレックスとしてEDを取り上げましたが、EDと同じくらい有名で同じくらい多くの人を苦しめている悩みがあります。(参考記事:EDを改善しよう)
その悩みとは早漏です。

どれくらいの時間で射精したら早漏かというのは諸説があり定まっていないのが現状ですが、それはあくまで定義づけの話であって、多くの女性は「自分がオルガスムに達する前に射精される=早漏」と捉えているようです。
Continue reading

EDを改善しよう

男性が抱えるコンプレックスの中でも母数が大きいものは「ED」「早漏」「ペニスサイズ」「抜け毛」「低身長」・・・と性的なコンプレックスが大多数を占めます。
セックスという行為は、男性が女性に対して優位に立ちたいと思っている気持ちが強くあらわれる場であり、プライドを保てる場でもあります。
そのセックスに密接に結び付く「ED」「早漏」「ペニスサイズ」といった性的なコンプレックスに悩むのは仕方がないと言えます。
この性的なコンプレックスの中でも一番悩む人の数が多いのはEDです。

EDとは勃起不全、勃起障害のことです。以前まではインポ、インポテンツという呼び方でしたが、勃起不全はちゃんとした病気であることを示すためEDという呼び方に変わりました。
EDに罹患してしまうと性行為に支障をきたすのは当然、精神的にもまいってしまいます。
なぜなら、セックスの場で勃たないことは周りがそう思おうとも思わなくても男は「次はしっかりしないと」や「自分は情けない」といったプレッシャーやストレスを自分にかしてしまうからです。

EDの原因は生活習慣病や病後・予後の疲れといった肉体的な問題から、ストレスやプレッシャー、性的なトラウマといった精神的なものまであります。
だから、EDを改善しようと思ったなら、まずその原因はなんなのか探ることが必要です。
肉体的なことが原因でEDになっているのならば、体質を改善するような精力剤を服用したり、食事で体を整えることが必要です。反対に精神的なことが原因でEDになっているのならば、カウンセラーと話をすることで悩みを打ち明けたり、緊張状態を緩和しましょう。これは精力剤を服用することでも同じことができます。

EDは病気ですが、決して不治の病ではありません。
むしろ、発見が早期であればあるほど改善するのも早くなります。
EDを改善するのに大事なのは原因がなんなのかを探ること、そしてその原因にあった治療をすることです。

漢方(精力剤)で冷え性改善

冬が近づくと多くの女性を悩ませる問題があります。
その問題とは冷え性。
暖かい部屋にいるのにもかかわらず、足のつま先や指の先といった体の末端だけでなくお腹までも冷えてしまうような状態が冷え性です。
もっと厳密に言うならば体は暖まっているはずなのに、身体のどこかの部位(特に末端が多い)がずっと冷えたままの状態をさします。

冷え性は言い換えると血行不良です。
つまり、身体が冷えたことにより血管が委縮してしまったものが元に戻らない状態だったり、動脈硬化によって血流が芳しくない状態が続くことを冷え性と言うのです。

さて、お気づきの方がいるかもしれませんが、「ひえしょう」は「冷え性」と書くものであって、決して「冷え症」と書いてはいけません。
なぜなら、冷え性は病気ではないからです。

冷え性は病気ではないので病院やクリニックで治療することができません。
ならば、どのようにして冷え性は改善すればいいのでしょうか。
それは生活習慣を見直すことが大事です。
血流や血糖、血圧のはたらきが弱まっていると冷え性になりやすいです。滋養強壮や血管拡張に効果が期待できる食べ物を摂取して改善しましょう。
けれど食生活を整えることは難しいですし、加齢に伴って乱れたバランスは食事でもなかなか治せません。

そういったときには漢方(精力剤)を服用することで、体質を変えて、冷え性を改善してみましょう。
滋養強壮効果や血管拡張に効く漢方(精力剤)は数多くあるので服用してみることをおすすめします。
精力剤という名前に偏見を持たず、一種のサプリメントと捉えましょう。
すると、思ったよりも早く、そして思ったよりも効果が出ますから。

冷え性の改善には漢方(精力剤)を服用することを強くおすすめします。

女性用精力剤って?

「精力剤は男が使う物であり、女性には関係ない!」
と思っている人いませんか?

実は数多ある精力剤の中には、男女兼用で効き目が期待できるのもありますし、女性用にだけ効果が期待できる女性用精力剤も存在するのです。
そもそも、昔から女性をえっちな気分にさせる薬として媚薬が重宝されていますが、この媚薬も成分的&科学的にみたら精力剤の一種なのです。

女性用精力剤(媚薬)と聞くと、
「合法なの?」
「薬事法は大丈夫なの?」
「催淫効果があるものなの?」
と訝しむかもしれませんが、そういったアンダーグラウンド的なものは効果が定かではありませんし、副作用が怖いです。なによりセックスがフェアなものじゃなくなります。
粘液の量が増す薬や感度が増す薬が出回っているそうですが、科学的な根拠がない薬がほとんどです。

ここでいう女性用精力剤とは、男性用精力剤と同じように性ホルモンの分泌を促すものをさします。

性ホルモンの分泌を促す成分は男女問わず数多くあります。
ピルなども女性ホルモンを整えるものなので、大きなくくりで考えたら女性用精力剤と言えるのです。

女性だって男性と同じように性の悩みを抱えています。
それを恥ずかしがって周りに打ち明けられず、結果として症状を悪化させるのではなく、適切な対処法を調べて症状を改善していきましょう。

当サイトでは男性の悩みは勿論、女性の抱えるコンプレックス(性、頭髪、滋養強壮etc)にも適切にこたえていくサイトです。
自分の身体に起きている症状がどういったものなのか。そして、それはどのようにすれば改善できるのかを調べるお手伝いをすることが目的です。