以前、男の抱えるコンプレックスとしてEDを取り上げましたが、EDと同じくらい有名で同じくらい多くの人を苦しめている悩みがあります。(参考記事:EDを改善しよう)
その悩みとは早漏です。

どれくらいの時間で射精したら早漏かというのは諸説があり定まっていないのが現状ですが、それはあくまで定義づけの話であって、多くの女性は「自分がオルガスムに達する前に射精される=早漏」と捉えているようです。

もちろん、20分以上もピストン運動が続くような状況は遅漏と捉えられ、また別の性的コンプレックスの話になります。
しかし、2分や3分で射精してしまうのはあまりにも早いと言えますよね。

早漏もEDと同じように男性のプライドを傷つけますし、女性を不満にさせます。
もちろん、「私の締まりってそんなに良かったのかな?」と好意的に捉える女性もいないわけではないです。
しかし、毎回早漏で終わってしまうセックスばかりだと不満が溜まってきますし、飽きもしてしまいます。言ってしまえばとても面白い漫画雑誌があっても、掲載されている漫画がすぐに打ち切りになってしまうものばかりだと楽しめないのと同じですね。

性行為は単純な繁殖行為ではありません。
愛を確かめ合う行為なのです。
その確かめ合うのが早漏という一つのファクターでおざなりになってしまうのは男女ともに好ましくはありませんよね。
早漏は治せる症状です。
一番オススメできるのは精力剤を服用することなので、早漏に悩んでいる場合は精力剤を服用しましょう。