Page 2 of 2

EDを改善しよう

男性が抱えるコンプレックスの中でも母数が大きいものは「ED」「早漏」「ペニスサイズ」「抜け毛」「低身長」・・・と性的なコンプレックスが大多数を占めます。
セックスという行為は、男性が女性に対して優位に立ちたいと思っている気持ちが強くあらわれる場であり、プライドを保てる場でもあります。
そのセックスに密接に結び付く「ED」「早漏」「ペニスサイズ」といった性的なコンプレックスに悩むのは仕方がないと言えます。
この性的なコンプレックスの中でも一番悩む人の数が多いのはEDです。

EDとは勃起不全、勃起障害のことです。以前まではインポ、インポテンツという呼び方でしたが、勃起不全はちゃんとした病気であることを示すためEDという呼び方に変わりました。
EDに罹患してしまうと性行為に支障をきたすのは当然、精神的にもまいってしまいます。
なぜなら、セックスの場で勃たないことは周りがそう思おうとも思わなくても男は「次はしっかりしないと」や「自分は情けない」といったプレッシャーやストレスを自分にかしてしまうからです。

EDの原因は生活習慣病や病後・予後の疲れといった肉体的な問題から、ストレスやプレッシャー、性的なトラウマといった精神的なものまであります。
だから、EDを改善しようと思ったなら、まずその原因はなんなのか探ることが必要です。
肉体的なことが原因でEDになっているのならば、体質を改善するような精力剤を服用したり、食事で体を整えることが必要です。反対に精神的なことが原因でEDになっているのならば、カウンセラーと話をすることで悩みを打ち明けたり、緊張状態を緩和しましょう。これは精力剤を服用することでも同じことができます。

EDは病気ですが、決して不治の病ではありません。
むしろ、発見が早期であればあるほど改善するのも早くなります。
EDを改善するのに大事なのは原因がなんなのかを探ること、そしてその原因にあった治療をすることです。

ワキ汗、汗ジミは大丈夫?

女性はいくつになっても着飾りたいもの。
だから、ボディラインが出る服を好みますし、お洒落な服でプライベートも仕事も過ごしたいと思っています。
しかし、服を選ぶとき、服を着るときに、お洒落な服を着て外に出ているときにこう考えている人はいませんか?

「あれ? 私、ワキ汗大丈夫かな?」

と。
「手汗がひどい」「白い服やグレーの服を着れない」「周りの目が気になる」「緊張している訳でもないのに汗がでる」といった悩みを抱えている女性は多いです。
汗の量はいくつになっても気になりますし、汗の量で着る服を選んでしまうこともあります。

ワキ汗は放っておいても出てきますし、無臭なのは分かっていても周りからしたらもしかしたら・・・と考えるとさらに出てきます。
女性だけじゃなくて男性でもこれは恥ずかしいですし、何とかしたいですよね。
ワキ汗が目立たない服を着ることで何とかできることもありますが、そんな服ばかりを持っている人はそうはいませんし、お洒落な服装ばかりとも言えません。

よくワキ汗の分泌を抑えるには手術を受けるほかない、と言われていますが、そんな訳ありません。
ワキ汗の分泌はサプリメントでも抑えることができますし、生活習慣や食事を見直すことでも抑えることができます。

「ワキ汗の量が多い」、「汗ジミができやすい」というのは他人からしてみたらどうでもいい悩みなのかもしれません。
しかし、本人にとっては何としても解消させたい悩みです。
ワキ汗のせいで服を選んだり人の目を気にするより、現状を改善して前向きに生活してみませんか?
改善には安価で済ますことができ、効果にかなり期待できるサプリメントを服用してワキ汗を改善しましょう。

バストを大きくしたい!

男性が自分のペニス増大を考えているように、女性も自分のバストを大きくしたいと考えていることが多いです。
日本人女性のバストの平均サイズはBカップ寄りのCカップ。
これは他の国と比べると控えめなサイズです。

中には、
「別に胸の大きさにはこだわらないし、小さくても困ってないし」
という女性の方もいます。
しかし、20代30代と年を重ねるにつれて体型は崩れていき、その崩れが最も顕著にあらわれるのは脂肪がやわらかく動きやすいバストです。
「張りがなくなり胸が垂れてきた・・・」「横に広がってきた・・・」「おわん型だったのに扁平な胸になってきた・・・」といった声はバストサイズに関係なく寄せられる声です。

この悩みを改善するにはバストアップを図ることをおすすめします。
もっと言うならば、バストアップエクササイズやバストアップストレッチ、バストアップサプリで胸の血流や筋肉のはたらきを強くすることをおすすめします。

バストアップをはかるということの目的は、バストを大きくすることではありません。
あくまで栄養をバストにいきやすくすることが目的です。
だから、胸が大きくても小さくてもバストアップをはからなければ胸の形は崩れますし、服や下着も似合わなくなります。下手をすればセックスパートナーに愛想を尽かされます。

なので、
「別に今のサイズのままで満足している」
という方も、バストアップを意識することを強くおすすめします。
何歳になっても綺麗なままでいるためには事前の心構えが必要ですよ。

漢方(精力剤)で冷え性改善

冬が近づくと多くの女性を悩ませる問題があります。
その問題とは冷え性。
暖かい部屋にいるのにもかかわらず、足のつま先や指の先といった体の末端だけでなくお腹までも冷えてしまうような状態が冷え性です。
もっと厳密に言うならば体は暖まっているはずなのに、身体のどこかの部位(特に末端が多い)がずっと冷えたままの状態をさします。

冷え性は言い換えると血行不良です。
つまり、身体が冷えたことにより血管が委縮してしまったものが元に戻らない状態だったり、動脈硬化によって血流が芳しくない状態が続くことを冷え性と言うのです。

さて、お気づきの方がいるかもしれませんが、「ひえしょう」は「冷え性」と書くものであって、決して「冷え症」と書いてはいけません。
なぜなら、冷え性は病気ではないからです。

冷え性は病気ではないので病院やクリニックで治療することができません。
ならば、どのようにして冷え性は改善すればいいのでしょうか。
それは生活習慣を見直すことが大事です。
血流や血糖、血圧のはたらきが弱まっていると冷え性になりやすいです。滋養強壮や血管拡張に効果が期待できる食べ物を摂取して改善しましょう。
けれど食生活を整えることは難しいですし、加齢に伴って乱れたバランスは食事でもなかなか治せません。

そういったときには漢方(精力剤)を服用することで、体質を変えて、冷え性を改善してみましょう。
滋養強壮効果や血管拡張に効く漢方(精力剤)は数多くあるので服用してみることをおすすめします。
精力剤という名前に偏見を持たず、一種のサプリメントと捉えましょう。
すると、思ったよりも早く、そして思ったよりも効果が出ますから。

冷え性の改善には漢方(精力剤)を服用することを強くおすすめします。

白髪染めには利尻ヘアカラートリートメント

男性にとっても女性にとっても髪はいつまでも若々しいほうが嬉しいもの。
特に女性の方は入念に手入れをしていますよね。
しかし、30代40代と年を重ねるにつれてだんだんと白髪が増えてきます。
50代になっても20代のようなツヤとハリがある黒髪を持っている人なんてそうはいません。
そこで、多くの人は白髪染めを使って、髪の毛を黒く染め上げます。
この白髪染めには色々なタイプがあり、お洒落染めのように髪の芯から染めるものやマニキュアのように表面だけを染めるもの、そして洗ったら落ちるスプレー状のものもあります。
どれが良いとは一概には決めることはできませんが、やっぱり髪の毛にダメージを与えるような白髪染めは使いたくないですよね。

このヘアダメージを極力抑えることのできる無添加ヘアカラートリートメントが登場しました。
その名も利尻ヘアカラートリートメント

この利尻ヘアカラートリートメントは今大人気の商品で、テレビや雑誌で何度も取り上げられているのでご存知の方は多いのでは?
ヘアカラートリートメントは数多くあれど、この利尻ヘアカラートリートメントの特徴として髪や頭皮を痛めないということが挙げられます。

昔から「昆布を食べると髪の毛が黒くなる」「海藻は髪に良い」と言われているけれど、これは本当のことで科学的根拠に基づいています。
利尻ヘアカラートリートメントの主成分は利尻昆布。つまり、本当に髪の毛にとって有効な成分が使われているのです。
利尻昆布の天然由来の成分を多く使用しているだけでなく、多くの白髪染めで使われている添加物を一切使用していません。

髪の毛を痛めないということは、ただ単に黒く染めるだけでなく、サラサラとした髪の毛、ハリやツヤ、コシがある髪の毛を取り戻すことができるという訳です。
ここまでヘアケアができる白髪染めは滅多にありません。

男性の方も女性の方も白髪に悩んでいるのなら利尻ヘアカラートリートメントを使いましょう。
値段もお手頃ですし、使い方も簡単なところもGood!

女性用精力剤って?

「精力剤は男が使う物であり、女性には関係ない!」
と思っている人いませんか?

実は数多ある精力剤の中には、男女兼用で効き目が期待できるのもありますし、女性用にだけ効果が期待できる女性用精力剤も存在するのです。
そもそも、昔から女性をえっちな気分にさせる薬として媚薬が重宝されていますが、この媚薬も成分的&科学的にみたら精力剤の一種なのです。

女性用精力剤(媚薬)と聞くと、
「合法なの?」
「薬事法は大丈夫なの?」
「催淫効果があるものなの?」
と訝しむかもしれませんが、そういったアンダーグラウンド的なものは効果が定かではありませんし、副作用が怖いです。なによりセックスがフェアなものじゃなくなります。
粘液の量が増す薬や感度が増す薬が出回っているそうですが、科学的な根拠がない薬がほとんどです。

ここでいう女性用精力剤とは、男性用精力剤と同じように性ホルモンの分泌を促すものをさします。

性ホルモンの分泌を促す成分は男女問わず数多くあります。
ピルなども女性ホルモンを整えるものなので、大きなくくりで考えたら女性用精力剤と言えるのです。

女性だって男性と同じように性の悩みを抱えています。
それを恥ずかしがって周りに打ち明けられず、結果として症状を悪化させるのではなく、適切な対処法を調べて症状を改善していきましょう。

当サイトでは男性の悩みは勿論、女性の抱えるコンプレックス(性、頭髪、滋養強壮etc)にも適切にこたえていくサイトです。
自分の身体に起きている症状がどういったものなのか。そして、それはどのようにすれば改善できるのかを調べるお手伝いをすることが目的です。