「シャンプーをしたら、手や排水溝に大量の抜け毛が・・・」
「朝起きたあとの枕を見るのが憂鬱・・・」
男性でも女性でもこういったことがあると打ちひしがれますよね。

抜け毛は多くの人が抱えている悩みです。

加齢とともに髪が薄くなるのは理解していても、それを放置するのと放置しないのでは精神的に違ってきます。
抜け毛は適切な対処をすることで頻度を遅らせることができますし、諦めるものではありません。
抜け毛の本数や頻度が気になり始めたら「抜け毛の増減の変化」と「毛が抜け始めた原因」をしっかりと見極めて、状態を改善していくことが必要です。
男としても女としてもできるだけカツラに頼りたくはありませんよね。どうせならいつまでも自分の髪の毛で生活したいです。

そもそも、抜け毛とは何本から気にしなくてはならないのでしょうか。
抜け毛の本数には個人差があります。
厳密に言えば1日あたり50本~100本抜けるのは平均的であり、多くの人にとっての生理現象です。
ようはそれ以上の髪の毛が抜けること――自分にとっての1日あたりの平均抜け毛より度を過ぎた本数が抜けることを抜け毛と言います。
例えば1日80本くらい抜けるのが普通だったのに、いきなり150本抜けたといったような感じです。

1日の中で最も髪の毛が抜けるのはシャンプーをしているとき、2番目が寝起きです。
大体、1日のうちで起こる抜け毛の5割から7割はこのシャンプー中に抜けます。
このシャンプー中にいきなり8割やおろか10割以上の髪の毛が抜けると薄毛のリスク要注意と判断されます。

抜け毛はヘアサイクルの中で起こる正常な現象です。
だからその本数が多かったからと言って、もしかしたらそれがあなたのヘアサイクルだと適正な本数なのかもしれません。
大事なのは「今までより抜け毛の本数が増えたかどうか」と「抜け毛の質」の2点です。

抜け毛の予防として、肉体改造による生活習慣の改善も効果があると言われています。現代人の抜け毛の原因は生活習慣の乱れであったり、生活サイクルが狂ったことが要因とも言われていますので、気になる方は肉体改造のすすめをチェックしてください。

男性特有の包茎の悩みであったり、EDの悩みなど、男性ホルモンが原因で起こる悩みなどについて紹介しています。